くりたのブログ

海老芋。

急に寒くなったと思ったら、また少し暖かさが戻ったり、と、
温度調節の難しい、11月中旬を迎えております。

行楽シーズンは真っ只中、
町なかは、すでに観光の方々でごった返していて!
京都駅も、ぶつからずに歩くのが難しいくらいの混みっぷり、の様子です。
国内の方はもちろん、海外からの観光客の方々も沢山入っておられるので、
どこのエリアも、相当な賑わいとなっています。

そして、肝心の紅葉。
耳に届いた所では、高雄の神護寺、西明寺あたり、
そして、嵐山界隈の大河内山荘などもぼちぼち綺麗でした!とのお話がありました。
市内中心部の名所エリアは、まだ色づきはじめ、といった感じでしょうか?
1、2本だけ紅くなっていました、というのから、
木によっては、少し枯れ気味で、葉が巻いてしまっていました、との報告もあったり、
やはり、この夏の暑さが影響してしまっているのかな?と想像しています。
これから月末にかけて、少しずつ進むことを期待しつつ!
また、何か情報があれば、お知らせいたしますね。

 


さて、お写真。
秋から冬にかけてが旬の京野菜の一つ、「海老芋」です!
今年は少し早い目ですが、もうお献立に登場し出しております。

ぐいんと曲がって、皮目に海老のような縞模様があることから、
この名のある、海老芋。
起源は江戸時代にまで遡るという、歴史のあるお芋なんです。


栽培には、肥沃で適度に湿度のある土地が適しているということが言われていて、
実は、京都発祥の京野菜ではありながら、
現在の産地としての有名どころでは、
東日本では静岡の磐田西日本では大阪の富田林が一大産地で、
店でも、富田林のものを必ず手に入れるようにしています。


海老芋の魅力といえば、まずはきめの細かい滑らかな質感
つべっと、ねっとりと、すうっととろけるような食感は、
「これって、一度裏漉ししてあるのですか?」とお聞き下さることもある程、なんです。
そして、芋の持つ甘味、旨味も格別!
海老芋って、こんなに美味しいものなのか!と、
一度食すと、すっかりファンになって下さることも多いんですよ。

海老芋、これからしばらくお献立に登場致します。
秋から冬にかけての、お楽しみ、です。
皆様、是非にーーー!

 

Archives

Latest News

  • 2024.2.18
  • くりたのお料理

鍋職人。

  • 2024.2.2
  • くりたのお料理

衣更着。

  • 2024.1.16
  • くりたの日常

えと守。

  • 2024.1.7
  • お知らせ

人日の節句。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.