くりたのブログ

筍。


京都産の筍、今、最盛期を迎えております!
上写真は、京都の西山、塚原産
京都の筍の産地は、細かく言えば、
塚原含めた洛西の中でもいろいろあるし、
他にも南山城、等々、様々あるのですが、
大枝の塚原産は、「京都のタケノコ」、と言えば、必ず名のあがる産地の一つ、であります。
本当は、土付きで入荷したてのところを撮りたいところ、なんですが、
筍は、「朝掘り」で掘り出してから、一旦湯がくまでの時間が重要なので、
その作業、本当に素早く、あっという間に進められてしまいます、、。
なので、上写真はすでに一先ず湯がいたあと、の状態。
筍って、地上に出た瞬間から「竹」へ向かって成長が加速するんですが、
その過程で、どうしてもえぐみの成分であるしゅう酸等が増加してしまうんですよね。
なので、それを止めるためにも、
掘り起こされてから、出来るだけはやく火を入れて、その成長をストップさせる
というのが、これ、大原則なんです。



桜の花が散ってからがいよいよ本番、
とよく言われる京のタケノコなんですが、
今年は桜の開花も早かったせいか、筍の出回りもはやい
体感で言えば、筍こよみ(あくまでも使い手側の店としての、感覚ですが!)としては、
今すでに例年でいう4月半ば頃、という印象でしょうか?
いつもより少々はやいなー!という感じがあります。

一年間、肥料を施し、成長の過程に応じて土を都度入れ替えるなどして、
しっかりと見守られ栽培されている、筍。
「筍畑」という呼称、京都のその界隈ではよく使われます。
(→勝手に生えてきているのではない、というニュアンスなんかと思います。)
この「一番」の時に、甘み、旨み、香りが抜群!になるように照準を合わせ、
大切に育てられいてる、タケノコ、なんですよねー。

食感は優しく柔らかく、
とことん甘くて、香り高くて。
春にこれは欠かせません!
美味しい筍大好き!な皆様、是非にーー。

今が旬!の筍のお料理、
くりたのお取り寄せ、お持ち帰りの
「おうちでくりた」春版でも、
ただ今ご用意させて頂いております!
もし、気になる方おられましたら、
是非、ぜひ、お気軽にご連絡下さいませー。
皆様のご利用、心よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

Archives

Latest News

  • 2021.9.19
  • くりたのお料理

浜詰小芋。

  • 2021.9.12
  • くりたのお料理

秋味。

  • 2021.9.4
  • くりたのお料理

夜長月。

  • 2021.8.31
  • くりたの日常

八月晦日。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.