くりたのブログ

寒モロコ。

寒諸子1
氷に厳重に覆われて、今、日々入荷!している、これ。
お写真、「寒モロコ(カンモロコ)」です!
琵琶湖の固有種であるホンモロコ、
2月の、寒い時期のものが、特にこう呼ばれます。
朝、琵琶湖で揚がったものが、
氷にしっかりと当てられて、その日の昼過ぎには店へと運ばれくるのですが、
キラキラと美しい魚体は、よく見るとお腹あたりがぷっくり、しています。
そう、お腹には卵を抱いているんです!
この、子持ちであるということも、寒モロコの魅力の一つ。
晩秋から春先までが主に市場で出回る時期であるモロコですが、
特にこの「寒モロコ」の登場を待ちわびておられる、というのは、
モロコ好きさんには、あるあるのお話です!(笑)寒諸子2

冬の寒い間、モロコは水の深いところに留まって、
暖かくなるのを待ちながら過ごすのですが、
その間、身体は水圧を受けて引き締まり、
脂もしっかりと乗ってくることから、
寒モロコが一年のうちで一番美味しい!とされ、とりわけ珍重されるんです。
しかも、卵を抱いた寒モロコは、
心地の良い食感から始まる、卵の旨味、甘み、
そして、身の持つ美味しさが口の中で合わさって、
絶妙な深い調和、味わいを楽しめるんですよねー。

店では、遠火でじーーっくり時間をかけて、塩焼きに。
頭から丸ごと、骨までお召し上がり頂きます。
美味しさを最大限に引き出せるよう、丁寧にお焼き致します。
シンプルでありながら、これがたまらん!のです。
美味、ですよー。
皆様、是非に!

 

Archives

Latest News

  • 2021.2.28
  • くりたのお料理

ワカサギ。

  • 2021.2.22
  • くりたのお料理

寒モロコ。

  • 2021.2.18
  • くりたのお料理

蕨。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.