くりたのブログ

子持ち鮎。

11月、ですね!
昨日、今日、と、お天気は秋晴れながら、
少々肌寒い、月のスタートとなっています。
そして、月が替わると途端に
「紅葉」の言葉を、ニュースでも、巷でも、
耳にする機会がぐんと増えたような気がしていて、
お、いよいよだな、とシーズンの到来に一同、気を引き締めて!おります。
とはいえ、
京都の紅葉はもう少し先で、
体感では例年通り、中旬以降という感じになるのかな、と予想をしています。
ただ、街路樹もところどころ色づくもの、
目に留まるようにもなっていて、
確実にその時に向けて、季節は動いていること感じています。
今年もどこぞへ紅葉狩りに行ければいいなあ、なんてこと目論んでますが、
どうなることやら。
耳に届いた紅葉情報については、
また追々ブログにてお知らせいたしますよねー。
では、深秋満喫!の11月、
頑張ってまいりましょうね!

さて、お写真。
「子持ち鮎」です!
鮎といえば、その成長段階に応じて、
春前の氷魚、稚鮎、から始まって、
初夏から夏の成魚の鮎
と、色々と楽しめるのですが、
秋の今は、この「子持ち鮎」
張ったお腹には、卵がびっしり、ずっしり
この、卵の持つ旨味を合わせ楽しむ、というのが、
今の時期の極上の味わい、なんですよねー。
写真のものは、甘辛く炊いて、甘露煮に。
でも、味を入れて炊く前には
もちろん、何工程かあって、
まずは、串を打って焼く、というところから
作業は始まります。



遠火でじっくり、
焦げ目をうまい具合につけて
焼いて、、、、、
まずは、
一工程完了!
これからいよいよ、
炊き作業にかかります。
じっくり、ことこと。
骨まで柔らかく、
仕上げます。
卵の旨味、食感に、
身の持つ風味に
絶妙に甘辛いお加減が
十分にしみこんで、
それはそれは、美味しいのです!
子持ち鮎、これからしばらく
夜のお献立に登場予定です。
(日によりご用意できない場合もありますので、
詳細はお尋ねくださいませね。)

皆さま、是非にー!

Archives

Latest News

  • 2021.1.23
  • くりたのお料理

京菊菜。

  • 2021.1.17
  • くりたの日常

共に。

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.