くりたのブログ

ササガレイ。

吹く風も涼しくて、
クーラーもいらない時間帯もある、という、昨日、今日。
9月もまだ1週目、というこのタイミングでのこの状況、
今年は季節の動きがちとはやいような気がしています。
このまま秋が順当にやってくるのか、どうなのか。
暑難の試練の9月をなんども経験しているだけに、
やっぱり油断は出来ませんが、
こうも涼しく快適だと、身体は完全に秋モードにシフトしてしまいますね。
たとえ、戻るようなことがあっても、
どうか控えめにしておくれ、と、
祈るような気持ちで、います。


さて、そんな中、
早々に、こんなものも登場しだしております!
お写真、「ササガレイ」です。
正式には「ヤナギムシカレイ」
ササガレイは、西エリアでの呼び名かと思います。
そして産地は、西ではトップブランドとの呼び声も高い、
島根県は、浜田漁港から、です!

絶妙な加減で干されたササガレイが、
木の箱にピシーーーッときれいに並んで入荷します。
この様子の、美しいこと
毎年のことなのに、
いつだって、この姿の見事さには、目を奪われます。

そして、もちろん。
全て、子持ち!なんです。
お腹の赤く見える部分が、、なんですよねー。
ササガレイは、この子持ちの一夜干し
これこそが絶品
美味しさがすば抜けているので、
「干物の女王様」と評されることも、あるとのことなのです。
店では、シンプルに焼き物に。
身はふっくら、表面はぱりっと香ばしく
絶妙な加減で、焼き上げます。
子(卵)のもつ深いコク
身の持つ濃い深い旨味
口に入ると、その美味しさ、後味、余韻に
思わずむむむと唸ってしまうくらい、
これは本当に、美味、なのです。
ササガレイ、これからしばらくお献立に登場予定です。
にしても、焦げ目のついた。香ばくて、美味しいもん
一番似合う季節が、やってきましたね!
実はどの季節にだって、焼き物はお出しするのですが、
(もちろん、その季節ごとに、美味しいのですよ!笑!)
でも、
皮目がぱりっと焼けて、一部が熱でぷくっと膨らんだりしていて、
焦んがりとした香りがふうっ、と鼻をかすめる中、
箸で程よく身をはなし、口に運んで、
あああ、美味しいー!と唸る、というようなこと、
これやっぱり、秋こそ、という感じがするんですよね。
香ばしい焦げ感。実に似合うんだな、秋は。
いい季節です。
うまいんだな、これが。
 

Archives

Latest News

  • 2021.1.23
  • くりたのお料理

京菊菜。

  • 2021.1.17
  • くりたの日常

共に。

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.