くりたのブログ

念願。

ここ数日、肌寒い日の続く、京都です。
とはいえ、桜がいよいよピークの時期!とだけあって、
お花見の方々の波は絶えることなく、
町なかは相当な賑わいが続いている様子、です。

市内のソメイヨシノ、ほぼどこも満開の時を迎えているようですが、
そんな中でも、
「仁和寺の桜は、咲いているものもあれば、
これから、という木もまだ沢山ありました!」
なんて話も聞こえてきています
京都の桜、
エリアによっては、また品種(八重のものはこれからですからねー)によっては、
まだまだこれから!というものも多数、です。
この、ちょっとピークのタイミングを外した時期、というのは、
お人さんも多少は少なかったりするので、
ゆっくりじっくり観て楽しむ、には、狙い目であったりもします。
名残の桜、いいですよ!是非にー!


さて、今週の初めにかけてがソメイヨシノの見頃だろう、と、
ブログでもご紹介していた私。
先週末からずっと、なんとか時間を作って、
ずっと思い続けている、とある場所に行ければ良いな、
と密かに計画を立てておりました。
その場所とは、
八幡にある、「背割堤」
宇治川、木津川に挟まれた堤に、約250本もの桜が植えられている、
という、桜の名所
ずううっと前から、
一度訪れてみたい!と切に願っておりました。
いざ、出向いたのは、一昨日火曜日の早朝のこと。
行くぞ、と決めていたのに、
朝から、あいにくの雨、、、。
でも、思い立った「機」を逃すと、
なかなかタイミングもないかもしれないな、と、
雨の中、勇んで!出かけました。
雨ばかりか、風も強かったのですが(!)
念願の背割の桜、無事、見届けてまいりました!
お天気も影響してか、
お人さんもさほど多くもなくて、
雨に濡れるしっとりとした桜、楽しむことできました。
1.4キロメートルも続く桜は、
本当に、圧巻でした。
風の強い天候だったこともあって、
花吹雪の舞う中、という状況ではあったのですが、
堤の両側にずっと続く薄桃色のアーチの中を、
ひたすら、歩いて、歩いて。
息をのむような心地で見上げから、
歩いて、歩いて。
桜の木々、花びらにすっぽり囲まれての道のりは、
あっという間!でした。

ずっと、ずっと訪れて見たかった、桜。
雨の中でしたが、念願、叶いました!
いやあ、噂に違わぬ、迫力でした。
次回は、すかっと晴れた青空の下の
背割桜も、みてみたいな、と思っています!
雨空の中見にくいですが、
左に流れるのが木津川、
右に流れるのが宇治川、
そして、真ん中に連なるのが、
背割の桜、です。

で、右に見える山が天王山、
左にちょこっと見えるのが、
男山、石清水八幡宮、
という位置関係なんですねー。

 

Archives

Latest News

  • 2021.1.23
  • お知らせ

京菊菜。

  • 2021.1.17
  • くりたの日常

共に。

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.