くりたのブログ

はしりのはしり。


もう、出だしました。
お写真、タケノコ、なんです。
しかも、京都は西山の、塚原産
ええっ、もう!?ほんまに!?と、
一同も驚愕の声でもって、厨房にむかえております。
例年だと、タケノコの扱いは3月末頃からで
(あくまでも、店では、ということになるのかもしれませんが)

京都のタケノコの産地の中でもトップブランドとされる
塚原産のものは、特に出だしがゆっくりで、
4月に入ってからのお目見え、というのが
常の肌感覚としてはあるのですが、
今年は3月もまだ3週目が終わろうかという
この時期に、
入荷の開始!となりました。
塚原産からの筍シーズンスタート、
というのも、
店では珍しいことなんですが、
今年は「はしり、の、はしり」ということで、
タケノコ、お献立に登場しだしております!
「はしり」とは、
食材の、出始めの時期のこと。
「旬」と言われる時期の前、
いよいよ出回りだして、これからが「旬」の最盛期のピークに向かう、
その、まさに旬!の期間を迎えるまでの時期のことを、そう呼びます。
(ちなみに、一番の旬の時期は過ぎて、出回る量も一時よりは減りながらも、
まだ美味しさを楽しめる、という、終盤に向かう時期、これは「名残り」と言われます!)

そんな意味では、
このタケノコは、はしりの、はしり!といった感じ。
まだまだ小さくて、少々固さもあるのですが、
それでも、香りは、十分にタケノコ!なのです。
この写真の撮影の後、すぐに湯がきにかかったのですが、
タケノコのなんとも言えん甘い香りが厨房中にぶわっと満ちて、
これぞ、春!タケノコの香りだーーーー!
と、鼻腔がくうんっと呼び覚まされて、
春の気配を、またしっかり実感したのでした。
タケノコは、桜の花が散ってからが本番!
なんてことがよく言われます。
これから4月半ば頃に一番の旬をむかえて、
4月末頃に終盤をむかえる、というのが例年、ではあるのですが、
今年はどうも、
ちょっとピークの時期が早まりそうな予感、があります。
桜の開花時期も合わせ、気にになるところ、ですよねー。
今年は今の時点ですでにお献立に登場しているので、
お客様によっては、
シーズン中に数度お召し上がり頂く、ということにもなるのですが、
それでも、そのタイミング毎に、存分に味わいを楽しめる、
というのがタケノコ、の魅力、でもあります。
この1ヶ月の間でも、個体の状況、味わいが随分と変化して、
同じ食材でありながら、微妙な違いを楽しめる、というのも、
これ、タケノコの、醍醐味、なんですよねー。
毎年つくづく思うのですが、
奥が深いんです、タケノコ。
シーズン、プレスタート!致しておりますー。
皆さま、是非に!

Archives

Latest News

  • 2021.4.13
  • くりたのお料理

板わかめ。

  • 2021.4.10
  • くりたのお料理

筍。

  • 2021.4.2
  • くりたの日常

将軍塚青龍殿。

  • 2021.3.27
  • くりたの日常

桜花爛漫。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.