くりたのブログ

子持ち鮎。


キレイに箱の中に整列して入荷した、
この見覚えのある、清涼感のある、魚。
お写真は、

でも、鮎はあゆでも、
「子持ち鮎」なんですーーー!
晩冬の 氷魚、春先の稚鮎
そして、初夏から夏にかけての成魚の鮎、、、、と、
その成長時期により、色々な楽しみ方が出来る、

お腹に卵を抱いた
「子持ち鮎」は、
まさにこれからがシーズン!なんですね。

今の時期の味わいと言えば、
やはり、
卵の風味
子に栄養がいってしまうので、
身の旨味は夏の鮎よりも淡白な感じではあるのですが、
その分、
卵に旨味が凝縮されています。
しかも、
食感が◎!
この卵のもつ「美味しさ」を存分に味わえるように、
ということで、
色々と料理法を考えていきます。

夏の鮎は、「塩焼き」にするのが大定番!で、
なるだけシンプルに、という鉄則が
最大限に発揮できる時季なので、
どうしたって、そこに行き着いてしまう。

でも、この子持ち鮎は、
料理法やその他素材との組み合わせ、等々、
色々と楽しめる、のが、強み。
少し手を加えることで、
その持ち味が無限に活きる!んです。

で、写真の鮎。
これは、甘辛く炊いて、甘露煮に!
第一段階として、まずは、素焼きにして。
いい具合に焼き上がった後、
じっくりと甘辛い炊き汁で煮含めていきます。


まずは、串を打って、卵を出して。


じっくりと、焼いて。


焦んがり、と、、、


まずは、このような段階に。
この時点でも、十分に美味しそうな気もするのですが、
これからも作業は続いて、
甘辛く、炊き上げる、という工程に入っていきます。

甘辛の風味と、鮎の旨味がしっくりと合わさって、
これは、
まさに秋味!!!
そのままでも美味しいですし、
例えばちょっとの日本酒などが傍らにあっても、
それはとっても良し!です。

おんなじ「鮎」なのに、
その時々で料理法や味わいが変わる、というのも、
鮎って、素材としては本当に魅力的なんですよねーー。

子持ち鮎、これから日によりお献立に登場予定です。
皆様、是非に!

 

Archives

Latest News

  • 2021.4.13
  • くりたのお料理

板わかめ。

  • 2021.4.10
  • くりたのお料理

筍。

  • 2021.4.2
  • くりたの日常

将軍塚青龍殿。

  • 2021.3.27
  • くりたの日常

桜花爛漫。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.