くりたのブログ

高原花豆。


お写真、高原花豆、です!
写真のものは、群馬県嬬恋村から。
産地としては、日本では
長野や群馬、北海道などで、
主に
高冷地で栽培される豆なんです。
標高が高い程、大きくて立派な豆が出来る、んだそうで、
ただその分、栽培は非常に難しく、かなりの技術を要するらしい。
なので、生産量、流通量がとても少ないこともあって、
豆価格としては、かなりの
高級豆の一つ、なんであります。

まず特徴として言えるのは、
この、大きさ
現在、ハ寸の中のひとしな、として登場中なのですが、
「大きいですねーーーー!!!!」
の声が上がらない日はないくらい(!)で、
色も黒く仕上がるので、お皿の中での存在感も抜群
皿上の景色をきゅっと引き締めるアイテム、であるとも、言えます。

上の写真は、乾燥の状態のもの。
これだけでも普通の豆よりは随分大きいのですが、
水で戻すと、さらに膨らんで、迫力を増します。
一晩水に浸したものが、これ。

一番左が乾燥の状態、
右二つが戻したもの、なんです。
真ん中が、良い感じに戻っているもの、
が、右端のものが頑固者の見本!

「一晩浸けたくらいでは、もどってやらへんで〜。」

といわんばかりの、頑なな、いや、ポリシーを感じますね。
中にはこういうのも、おります。
そこでまずは素直に上手に戻ったものを(!)、
今度は甘い炊き汁でじっくり炊いて煮含めて、
ふっくらと仕上げていきます。

大きさのみならず、お味だって素晴らしい!のです。
豆のもつ旨味、甘味が濃くて、
ほっくりと食感も柔らか、
それはそれはとっても美味!なのです。
高級であることも頷ける、この花豆。
(ただただ大きい、というだけでは、これだけ高値にはなりませんよね笑)
一粒で、非常に満足感を得られる豆、なんですよねー。
高原花豆、あとしばらくお献立に登場予定です。
皆様、是非に!
今日から10月ですね。
秋も次第に深まり、これからますます美味しいものも盛り沢山、です。
食欲の秋、とは、
食欲が尽きない位、美味しいものが尽きない、という意味でもある気がします。
楽しみ、ですーーーー!

Archives

Latest News

  • 2021.1.17
  • くりたの日常

共に。

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

  • 2021.1.11
  • くりたの日常

ゑべっさん。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.