くりたのブログ

無花果。


お写真、無花果(イチジク)です!
花が無い果実、と書いて、イチジク。
この漢字から、
市場なんかでは皆さん、
「むか」という通称で呼んでおられます。
(ちなみに、もちろん大将もその例に違わず、
かつて私が勤め始めた当初、
「冷蔵庫からむかとって来て!」と大将に言われ、
ミッション遂行出来ず固まってしまった、ことがあったのは、
良い思い出です(笑))
でも、花が無い訳ではなく、
じつは、切った時断面に見える、
あの赤いつぶつぶ、
あれが、なんですよね。
花が無いように見えるから、
ということから当てられた漢字なのですね。
写真のものは、京都の城陽産
城陽、京都府の南部、ちょうど宇治と奈良の間辺りになるエリアですが、
そこの朝採り、朝もぎのものを手に入れています。
夏の終わりから秋の入り口にかけてが旬なので、
まさに、今!が美味しい時ですよね。
そのままカットして食べるのはもちろん、
コンポートにします、という方も多いかもしれませんね。
あるいは、ジャムにしても美味しい!、、、等々、
色んな召し上がり方がありますけれど、
店では、この無花果、
フルーツ、甘味としてではなく、
お料理のお一品、としてお出ししております。
まだ残暑が残る今の時期、
少しひんやりとした、口触りの優しい一品。
お出汁で炊いて、仕上げます。
どんなお料理なのか?は御来店後のお楽しみ、として、
この無花果、栄養価も高く、胃腸にも良い効果がある、という話もあるので、、
暑さに少々疲れた身体には、
抜群の食材である、とも言えますよねー。
無花果、これからしばらく
お献立に登場予定、です。
皆様、是非に!
丁寧に皮を剥いて、
お出汁で炊いていきます。
この写真を見て、
「手が痒そう!」と思われる方も
おられるかもしれませんね!
そうなんです、
無花果の果肉や内部からでる白い汁、
これは本当にやっかいです。
なので、作業は常に手を水で湿らせながら、
というのが鉄則!なんですねー。



Archives

Latest News

  • 2021.5.14
  • くりたのお料理

「おうちでくりた」初夏版。

  • 2021.5.8
  • くりたのお料理

薫風、自粛も来たる。

  • 2021.5.3
  • くりたのお料理

GW2021。

  • 2021.4.30
  • くりたのお料理

畝須。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.