くりたのブログ

春準備。

が戻ってきています。
「暑さ」を感じる程の気候だったのがつい先日のことなのに、
今日はまたもや暖房生活。
ぽかぽか陽気が、待ち遠しい今日この頃、です。
そんな中、店近くの高瀬川では早々に春準備、
すでに
ライトアップ用の照明が設置されていて、
(もちろん点灯はまだなんですが)
その来るべき時のために、すでに準備万端!といった風。
見ると、桜の蕾も僅かばかりですがピンク色を帯び始めていて、
少しずつ膨らんできているような感じ、です。
あと半月もすれば、その時はやって来そうですね。
今年も、花は咲きます!
さて今日は、

こんなもの仕込んでおります、というお話。
店のこの時期恒例のとあるお料理の仕込み中の一場面、です。
焼いているのは、鰻(ウナギ)
まずは焼台で程よく焼いて。
タレをしっかりからませて、、、
さらに香ばしく焼き上げて、、
まずは
鰻のつけ焼きの完成。
そして一方で、
木綿豆腐の表面をバーナーで
こんがり焼いて、
焼き豆腐を作って、、、。
そして、

この焼き豆腐を半分の厚さに切って、
先程の鰻を間にはさんで、
サンド状にしたものを、
丁寧にお鍋に並べて、
お出汁でしっかり炊き上げると、、、
こんなものが出来上がります!
名前は
「うどうふ(鰻豆腐)」
実際にお料理としてお出しする時には、
上から
葛のあんをかけ仕上げるのですが、
完成写真を載せると、
御来店時の楽しみが半減ですので、
あえてのドアップの写真、です。
きっと、
「ああ、あれね!!!」
と思われている皆様、
あるいは、
鰻と豆腐?どんな味わいなんやろう?
と思われている皆様、
色々おられることと思います。
鰻豆腐、

お豆腐に、鰻の旨味がぎゅっとしみ込んで、
不思議な一体感が生まれて、
これがとーっても美味しいんです。
まさに、
組み合わせの、妙
昔からある手法ではあるのですが、このマッチングはつくづく素晴らしい!と思います。
考えた昔の偉大なる料理人に、感謝!です。
(元々は、料理屋のまかない料理だったんだそうです。)
鰻豆腐、これからしばらくお献立に登場予定です。

皆様、是非に!
(日により、ご準備出来ない場合もありますので、詳細は是非お尋ね下さいね)

Archives

Latest News

  • 2021.10.26
  • くりたのお料理

秋茸礼賛。

  • 2021.10.22
  • くりたのお料理

秋、動!

  • 2021.10.12
  • くりたのお料理

ツノハシバミ。

  • 2021.10.3
  • くりたの日常

一新!

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.