くりたのブログ

ホンモロコ。


琵琶湖の「ホンモロコ(本諸子)」です!
今の時季、店の厨房の水槽の中で元気に泳いでいるのが、この魚。
コイ科に属する淡水魚で、
実はモロコには「イケモロコ」「タモロコ」「イシモロコ」、、、等々、
色んな種類があるのですが、
このホンモロコは、琵琶湖の固有種!なんであります。
(ただ近年、各地に移され養殖されるようになっており、
琵琶湖以外のエリアでも見かける機会もあるようです)

「昔はよお、普段に食べてたのになあ、、、、」
とのお声もよく聞こえてくるのですが、
そうなんです、最近ではめっきり漁獲量が減っていて、
今や立派な高級魚
入手も一般的にはなかなか難しいのではないかな?と思います。

店ではきわめてシンプルに、
塩焼きにしてお出し致します。
これが美味しいの、なんの!!!
焼きたてあつあつをさくっと頂くと、
ほんのり心地の良い苦みに、
じわじわくる深い、身のもつ旨味。
焼き加減の香ばしさも相まって、
これはもう、たまらんですよ!
こんなに小さいのに、
1尾でもしっかり、十分と美味しくて、
この満足感には、驚くものがあります。
ところで、
ちょっと可哀想、と思われるかもしれませんが、
この本諸子、生きているものに串を打ち
焼台でお焼きします。
その様子に衝撃を受けられる方もおられるのですが、
「焼物」にする時には生きているものを調理するというのが大原則、なんです。
これはモロコに限らず川魚に共通して言えることのなのですが、
生きているものを作業しないと、
嫌なえぐみや、川臭さが出てしまう、ことになるんですね。
なので、ここはきちんと美味しく頂いて、そして、感謝する、
これこそが消費者の使命、ということになるかと思います!
本諸子、これから冬の間はお献立に登場予定です。
(ご予算、あるいは日によりご用意出来ない場合もありますので、
詳しくは是非お尋ね下さいませ。)

皆様、是非に!
左はじっとしている瞬間に撮った奇跡の一枚!
なにしろ、元気一杯で、
水槽の網蓋の間から
チャンスを狙ってダイブする、なんて強者もよくおります。
1センチ四方の網目をくぐりぬけるんですものね、
なかなかの曲芸やな、といつも思っています。

 

Archives

Latest News

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

  • 2021.1.11
  • くりたの日常

ゑべっさん。

  • 2021.1.5
  • くりたのお料理

恭賀新年。

  • 2020.12.31
  • くりたのお料理

大晦日。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.