くりたのブログ

浜詰小芋。


どんどんと登場しだしている秋食材、
お写真、
「浜詰小芋」です!
京都の
丹後半島、網野町の砂丘地エリアでは、
その砂地を利用し色々な農作物の栽培がされていて、
中でも
サツマイモやサトイモなど、
芋系のものは特に有名で、
この浜詰小芋もその一つ。
網野町の浜詰地域で栽培されていることから、
このように呼ばれます。
ほくっ、ねとっ、とした、

キメの細かい上品な質感に、
芋の甘味、旨味がしっかりぎゅっとと詰まった、
とっても美味!なこの浜詰小芋。
でも、お味もさることながら、
一番の魅力はと言えば、
色が白いこと!!!
煮ても焼いても蒸しても、
普通の小芋よりも格段に白く仕上がるので、
料理屋さんがこぞって使いたがる!という、人気者(人気芋)なんです。
栽培数がさほど多くはなく、市場にも沢山出回る訳ではないので、
値が高くなるのも必須で、当然、高級食材の部類ではあるのですが(!)、
それでも、一度この美味しさ知ってしまうと、
同じ買うなら浜詰小芋を!とついつい買い求めてしまう、という、
魅力的な小芋、なんですー。
浜詰小芋、これからしばらくの間

八寸の中のおひとしな、として登場予定です。
美味しいですよー。皆様、是非に!
蒸した時の状態。
極めてシンプルに、
塩を少しふって仕上げます。
お召し上がりの際には、
皮の部分を
しゅっとつまむように押すと、
こんな風に、するん、と出て来ます!
あとは口に運ぶだけ!
ほっくりねっとりが、なんとも
秋らしい
いよいよ、芋系のもんが
美味しい季節がやってきますねー。
楽しみですー。

ところで余談なのですが、

店のこのパソコン(もちろん古いのだ!)では、
「小芋」の漢字変換が上手くいかず、
「こいも」と入力すると、まずは
「恋も」
になってしまうので、
仕方なしに「しょういも」と入れてみるのですが、すると、
「少尉も」
と、困ったことになります。
少尉も、って!!と何度もつっこみながらやり過ごしていたのですが、
さっきから幾度となくそんな事態に陥いるがあまり、なのかなんなのか、
今私の頭の片隅では、少尉が恋している場面がちらつき続けています。
とことん、余談ですが(笑)
そろそろパソコンを新調いたしましょうね、大将!

Archives

Latest News

  • 2021.9.19
  • くりたのお料理

浜詰小芋。

  • 2021.9.12
  • くりたのお料理

秋味。

  • 2021.9.4
  • くりたのお料理

夜長月。

  • 2021.8.31
  • くりたの日常

八月晦日。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.