くりたのブログ

ワタリガニ。


お写真、ワタリガニ、です!
例によって勢い良すぎて、
輪ゴムで動きを封じられ入荷してきました。
写真のものは淡路産の雌のワタリガニ
甲羅の中にしっかりと子(卵)を抱いています。

ワタリガニは、一年に2度(〜3度)産卵をするので、
初夏の今の時期と、あと秋のかかりの時期に、
卵の入った雌のワタリガニが市場では出回ります。
初夏のこの時期のワタリガニは、
大きさは割と小さめで、
2度目の時期よりも入荷量は少ないのですが、
卵がぎっしりと、きっちりと詰まっている、という印象があります。
この「夏ガニ」であるワタリガニ、
冬のカニとは趣がちょっと違うんです。
身が肉厚で、、なんてことはなく、
どちらかといえば可食部分は少なくて、
それこそ一生懸命に身出し作業に没頭することになるのですが、
(冬ガニよりも一層寡黙になること間違いなしです(笑))
ただ、その労にしっかりと応えてくれるのは、
身のもつ深い甘味、そして濃厚なる旨味
しかも、それがしつこすぎず、くどくもなく、
ちょうど、の美味しさ。
爽やかな今の季節に、すとん、とはまるような、
ぴったりの、お味。
「夏ガニって、こんなにおいしいものなんですね、、、」と、
冬のカニとは違う魅力に開眼!してくださる方も、
とっても多いんですよー。
初夏のワタリガニ、あとしばらくお献立に登場予定です。
(日により入荷のない場合もございますので、詳細はお尋ね下さい。)
皆様、是非にーー!
ワタリガニ、地方により呼び名は様々で、
ヒシガニ、ガザミ、等々、色んな名があるようです。
関西圏では主に「ワタリガニ」かと思うのですが、
この名は、
左写真の一番下の脚の先が
舟のオールのように水かき状になっていて、
これを使って水中を自在に渡り泳ぐ、
というところから、きているとのことなんですー。

 

Archives

Latest News

  • 2021.10.26
  • くりたのお料理

秋茸礼賛。

  • 2021.10.22
  • くりたのお料理

秋、動!

  • 2021.10.12
  • くりたのお料理

ツノハシバミ。

  • 2021.10.3
  • くりたの日常

一新!

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.