くりたのブログ

小鮎。

いいお天気!一日気持ちの良い快晴であった京都です。
季節の境目、その
「移り変わり」の部分がだんだんと少なくなっている!
なんてこと、最近よく言われますが、
そういう意味では今日はきちんと、5月らしい、お天気。
暑すぎず、寒すぎず、「暖かい」や「涼しい」の言葉もちょっと違う。
風は少々強いながらも、爽やかで。
この清々しさ、ほんとに今のうち!
存分に、味わいたいところですよねー。


さて、お写真は
琵琶湖の「小鮎」
氷魚でもない、稚鮎、でもない、
この大きさは、「小鮎」なのです。
体長は6?8センチ程、湖西の堅田であがったもの。
見ると、小さい身体ながらも、
色合いはすでに鮎の風貌!ですよねー。

ところでこの琵琶湖の小鮎、

成長したらいわゆる大きな「鮎」になるのか、と言えば、
実はそうではないのです。
琵琶湖の鮎にはそう一口では言い切れない、
特殊な生態があるんです!

基本的に、鮎の生態は、

川で産まれて、海に降りて、
また幼魚期のうちに川をずっと遡って成長して、
産卵期にまた川を降りて河口付近で産卵をし、一生を終える、

というのがライフスタイルなのですが、
(一年で生涯を終えるので、漢字では鮎を「年魚」とも書くんですよねー)
琵琶湖の鮎に限っては、少々事情が複雑で、

琵琶湖を海代わりとして、基本的生態通り、湖に注ぎ込む川に遡って、
一般的な「鮎」の大きさに成長するもの
(=オオアユ)と、

川に遡上せず、一生を琵琶湖で過ごし、
成魚となった後も、大きさが小さいままで
その大きさのまま、産卵し生涯を終えるもの
(=コアユ)

が存在するんだそうです。
不思議ですよねー。
写真のものはおそらく遡上することはないコアユ、に分類されるのですけれど、
鮎のように
海と川を行き来する魚の生態って、本当に不思議。
また、こと琵琶湖に限っては、独自の生活史を確立させているものも多いので、
これまた、不思議!

ともあれ、小鮎、
味は
とっても美味!です。
鮎の美味しさを小さくぎゅっと一口で味わえるよう、
コンパクトにまとめた感じ。
ぱくっと一尾を口にいれると、
旨味、そして鮎ならではの苦みが、上手く調和した味わいが口一杯に広がります。
氷魚(=ざっくり言えば稚鮎よりも小さいもの)や、
稚鮎(=ざっくり言えば小鮎よりも小さいもの)よりも、
より一層、鮎らしく、ぱつん、と鮎が一口で味わえる感じ。

小鮎、あとしばらくの間、八寸の中のお一品として登場予定です。
初夏の味覚、です。
皆様、是非にー!





Archives

Latest News

  • 2021.8.1
  • お知らせ

夏期休業のお知らせ

  • 2021.8.1
  • お知らせ

山科とうがらし。

  • 2021.7.27
  • くりたのお料理

熱闘。

  • 2021.7.24
  • くりたの日常

粽。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.