くりたのブログ

半夏生。

7月です!
京都では祇園祭がいよいよ開幕、
昨日は、吉符入り、そして今日はくじ取り式、と、
お祭りの行事のニュースを次々と耳にするようになってきています。
くじ取り式とは、
山鉾巡行の際の順番を決めるため、
毎年市役所で行われている伝統行事、なのですが、
くじの結果の今年の山一番は、
去年に引き続き、郭巨(かっきょ)山だったらしい!
この2年連続の山一番、というのはなんと37年ぶり、のことなんやそう。
37年、ということ聞いただけでも、長いなー、と思うんですが、
ニュースによれば、このくじ取り式が最初に行われたのは
西暦1500年(明応9年=室町時代)のことだそうで、
なんだか歴史を感じずにはいられませんね。
しかも、そもそも祇園祭の起源と言えば、
一説によれば869年(貞観年代=平安時代)、ということですから、
これはほんまに驚愕、です。
途中、戦争もあって中断の時期もあるとはいえ、
ずっと守り、受け継がれてきている、という事実には、
本当に素晴らしいことだなあ、とあらためて感じ入りますー。

さて、そんな今日は7月2日
夏至から数えて11日目
雑節では、この日(及びこの後7日頃まで)「半夏生」と呼びます。
この半夏生、ちょうど梅雨の時期にあたり、
例えばお米など、農作物を育てるにおいては
一つの目安となる区切りのタイミングであることから、
この時期ならではの風習、習慣が、各地に存在するんだそうです。
で、関西では?と言えば、が下のお写真。


何やらわからない、物体。
赤いネットの中でうごめいています。














出てくるのは、、、














蛸!ですー。
今シーズン、ブログには2度目の登場!
下津井の天然蛸ですが、
写真のもの、当然まだ生きています!
「わああっっっっつ!!、
ひっつくぅっっっっっっっうううう!」

という叫び声など聞こえつつ、
それでも大将の手によりさばかれていく、
タコ、なのですが、
もちろんその吸引力たるや!
まな板にもくっつくし、はがれへんし、
力、いるし!!!
それはもう、格闘!であります。


それで、なぜ半夏生にタコなのか?なんですが、
蛸が地面にぴたっとはりついて離れない、様子から
作物がしっかり地に根付くように!ということを
祈願して、この時期に蛸を食べよう!というのが、
関西地方での習わしである、ということなのです。
確かに、その願掛けにはもってこいの、食材、ですよねー(笑!)

蛸、引き続き柔らか煮としてお献立に登場しています。
今が一番旬!の麦わら蛸、栄養価もたっぷり、美味ですー。

そんなこんなの7月、スタートしていますよー!







Archives

Latest News

  • 2021.10.26
  • くりたのお料理

秋茸礼賛。

  • 2021.10.22
  • くりたのお料理

秋、動!

  • 2021.10.12
  • くりたのお料理

ツノハシバミ。

  • 2021.10.3
  • くりたの日常

一新!

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.