くりたのブログ

白子筍。


入荷しています、
京都、塚原産の筍
「筍」、漢字では、
竹かんむりに「旬」と書きますが、
桜の花が散ってからが本番、といわれるタケノコ、
まさに今、
を迎えています。
そして、その旬、といわれる時期の中でも、
タケノコの最高級!であるといわれるのが、
上のお写真、
白子(シロコ)の筍
皮が白いですよね!
産毛も黄金色、見るからに、美味しそう。
美味しいオーラ、漂ってますっー!

白子、とは、
皮の色が白く、肉質も格段に柔らかくて、
甘味に富み、とにかく上質!であるタケノコのこと、をいいます。

京都では主に西山一帯が筍の産地なのですが、
(塚原は、西山の中でも北の辺りの地域の名です)
筍の栽培には、実は相当な土壌の管理が必要で、
春に良い状態の筍を収穫するために、
一年間、「筍畑」である竹林を、専業の農家の方がじっくり手入れをされ、
栽培をされています。
そして、丁寧に栽培された筍の中でも、
白子とされる最高級の筍の収穫は4月半ばの今頃で、
希少品ゆえ、市場価値も高く、
入荷のタイミングも、僅かな時期に限られます。

白子の筍、
今日も、御来店のお客様にお召し上がり頂いたのですが、

「実は今までタケノコについて、そんなに思い入れはなかったのですけれど・・・、
こんなに美味しいものだとは!知りませんでした!
これなら毎年食べたくなりますねーーー!!!」

と、仰って下さいました。
そうなんですよね、一度食べたら、忘れられなくなるのが、
京都の筍、そして、この白子の筍!
美味しくて、香味深くて、
春の記憶として、脳裏に残ること、間違いなし。
毎年、必ず春には「くりた」でタケノコを、と
仰って下さる方も、沢山おられるんですよ!
しかも、店では、
タケノコ本来の味を十分に味わって頂けるような形で、
お出ししますので、
(どんな調理法かは、御来店後の楽しみ、ということで!)

「ああ、タケノコ、しっかり食べたなあーーー!」
思って頂けることも、間違いなし、やと思います。

旬とはいえ、筍のシーズンも、あと数週間です。
まだ今年、筍をちゃんと食べてないなあ、という方、
是非ぜひ、御来店下さいませー!
(筍は御予算により(通常、夜は御予算7千円から)お出ししております。
詳細については御予約のお電話の際に、お尋ね下さいませ。)

Archives

Latest News

  • 2022.1.18
  • くりたの日常

わさびわさびわさび!

  • 2022.1.10
  • くりたの日常

ゑべっさん。

  • 2022.1.3
  • くりたの日常

恭賀新年。

  • 2021.12.31
  • くりたのお料理

大晦日。

  • 2021.12.15
  • くりたの日常

こころみもち。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.