くりたのブログ

赤万願寺とうがらし。


お写真、
「万願寺唐辛子」です!
言わずと知れた、
夏の京野菜の代表格
でありながら、
京都以外の地域でも沢山栽培されいているので、
この夏、食卓に何度も登場しました!という方も
きっと多いのではないでしょうか?
「種」も一般的に広く出回っているので、
家庭菜園で楽しまれている方もおられることと思います。
で、上写真の万願寺、

通常よくみかけるものとは、色が違います。
広く出回る一般的なものは、
緑色ですが、
これは、
赤色、なんです!(下に緑色のものも隠れていますけれどね)
「赤万願寺」の名で市場では流通しているものなのですが、
見た目、
非常に辛そう!に見えますよね。
ところがこれ、
とっても甘いんです!
というのもこの赤万願寺唐辛子、
品種としては緑の万願寺と同じものなんですが、
緑色に生った唐辛子の実を、
果肉が赤くなるまで枝につけたままにしておいて、
しっかり熟してから収穫する、という、
いわば
万願寺の完熟版!なのです。
肉厚な食感はそのままに、

果肉はより柔らかく、
そして何と言っても
甘い!のが特徴です。
甘くて、また、実のもつ
旨味も感じます。
緑の万願寺とはまた少し違った魅力。
収穫時期により、味わい、個性があって、
各々楽しめる、というのも面白いところ、ですよねー。
見た感じと口に入れた時ののギャップもこれまた心憎い、

赤万願寺唐辛子
発色の良い鮮やかな彩りも、魅力です。
美味しいですよーー。
皆様、是非に!
写真の万願寺、
よく見れば、
緑から赤への変化途中、のものもあります。
グラデーションがきれい!
でも、味はどうなんでしょうね!?
今度食べ比べしてみますね。

今日の写真はIphoneにて撮影!です。
意外にもそこそこ撮れるんだな、これが。

なんか、複雑です!

Archives

Latest News

  • 2021.11.25
  • くりたの日常

天神さん。

  • 2021.11.13
  • くりたのお料理

青味だいこん。

  • 2021.11.7
  • くりたの日常

正倉院展。

  • 2021.11.1
  • くりたのお料理

紀ノ川。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.