くりたのブログ

鳥貝

夜になって降り始めている、京都です。
気がつけばもう6月も後半戦、
体感としてはまだ始まったばかり、という感じなのですが、
今日は21日、夏至。暦の上では下旬、なんですよねー。
あっと言う間にあと10日程、という現実は少々受け入れ難くもありますが、
なんとなく焦りつつ、やり残したことなど思い返してみると、、、
そうそう、
ホタル
高瀬川のホタル、実は今年はあまり観ること出来ませんでした、、、。
5月末頃より毎日帰り際にチェックはしていたのですが、
結局今年見かけた光は、4、5つ、ぐらい。
去年は6月の1週目の時点で、
すでに乱舞の様子が見られていただけに、(→ブログでも何度御紹介したことか・・・。)
今年のこの少なさは、何故なのか!?
実はもっと早い時期に飛んでいたのか、どうなのか。
五条よりももう少し下がった七条辺りでは、目撃情報もあったりしたので、
みられなかったのは四条〜五条界隈だけのこと、なのかもしれないのですが、、、。
兎に角、今年は蛍火みられず、少し残念でした。
聞けば、哲学の道のホタルも年々減少傾向にあるとか?
ホタルが毎年みられるような環境づくり、心掛けていきたいですよねー。


さて、 殻表面に起毛のある無数の筋があって、
ころんと
丸い印象の、この貝。
お写真、
「鳥貝」です!
鳥貝と言えば、むき身にした状態のものは、
スーパー、あるいはお寿司屋さん等でよく見かけることはありながら、
殻付きの活きた状態のものって、
穫れるエリアの方々以外は、なかなか見る機会が少ないのでは?と思います。

見た通りの2枚貝、で、
写真のものは、三重県鳥羽産、大きさは10センチ弱。
中身を見ると、こんな風。

食用とする見慣れた黒い部分が見えますが、
なんと実はこれ「足」なんだそう!
鳥貝の名は、この足が鳥のクチバシの形に似ているから、とか、
あるいは、食感が鶏に似ているから、など、
いわれには諸説あるようです。
殻から手際良く外して、
足部分をささっと開いて、
すかさず、 湯引き、そして、冷水へ。
この一連の作業、丁寧に行わないと、
鳥貝独特の黒い表面がすぐに取れてしまうので、
開くときには、ラップやガラス、あるいはホイルなど、
つるっとしたものの上で作業をする、というのが鉄則です。
(大将はアルミホイル派、なんやそうですー)
かつ、素早く作業を進めること。
実は鳥貝、鮮度が非常に落ちやすい貝なので、
それが、市場では開いて湯引きしたもののパック詰め
のものばかりが出回っている、
という理由でもあるんですー。

鮮度が良いので、
パンとまな板にたたきつけると、
身がぎゅいん、と面白いほどによじれます。
身は分厚く、見た目も美しいーー!
口にいれると、さぞかし美味しいことだろう、
食感だって、きっと、、、、、、
と想像を掻き立てられる、この艶!ですよね。
そうなんです、味は言うまでもなく、美味!
こりっとしそうでしょ?こりっとしますよ(笑!)
貝好きさんには、たまらない一品、ですよねー!

鳥貝、これから日により登場致します。
(入荷状況、御予算により、お出し出来ない場合もございます)
皆様、特に貝好きの皆様、是非にー!
 

Archives

Latest News

  • 2021.1.23
  • くりたのお料理

京菊菜。

  • 2021.1.17
  • くりたの日常

共に。

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.