くりたのブログ

ワタリガニ。


カニの話が続きますが。
お写真、ゴムでしっかりと動きを制止されて入荷して来たのは、
「ワタリガニ」です!
標準和名としては、
「ガザミ」、ですが、
西の方では、
ワタリガニ、あるいはヒシガニと呼ばれることが多いです。
ちなみに、写真のものは、
淡路産
雌ガニで、甲羅の内側にはに卵(=内子)があります!

このワタリガニ、
今まで店では
夏から秋にかけての卵を抱いた雌カニ
あるいはその産卵期の
交尾後の太った雄カニを使うことが多かったのですが、
実は春から初夏の今の時期も、
市場には卵を抱いた雌カニが少量ながら入荷していて、
というのも、このワタリガニ、なんと
一年に2度(?3度)産卵期があるのだとか!
なので、夏前の今の時期でも、量はわずかながらも、
卵を持った雌ガニに出会える、ということなんですー。


店では、「焼きガニ」の形でお出しするのですが、
「絶妙な焼き加減」でお出しする、
というのがくりた流。
「焼き」なんだけど、火が入りすぎない、という
絶妙なところで、お召し上がり頂くようにしています。

甲羅の中には、
オレンジ色の鮮やかな内子(=卵)
それに加え、
カニ味噌もしっかりと。
まずはこの卵と味噌の
濃厚な旨味を存分に。
そして、
だって、甘い、甘いっ!
「あえて」のレアな焼き加減なので、
噛みしめるごとに、身からじわわっと、
身のもつ甘味、旨味、が出てきます。

夏ガニ、ほんまに美味しいんです。
冬のカニとはまたちょっと違う味わい。
旨味、甘味、濃厚さ、全てにおいて、
今のこの季節に、「ちょうど、いい」。
インパクトはありながら、それでいて爽やかですっきり、といった感じでしょうか?
兎に角、今の時期にとーーっても合うような気がします。

夏の蟹、ワタリガニ。
入荷は日によりますが、これからあとしばらく、お献立に登場予定です。
(日により御予算により、お出し出来ない場合もございます)
皆様、是非にー!


見え辛いんですが、
よく見ると、一番下の脚の先が、
舟のオールみたいに水かき状になっています。
この部分をを使って水中を自在に、
あちこち渡るように泳ぐらしく、
そこからワタリガニという名が
ついているんやそうです。
























Archives

Latest News

  • 2021.1.23
  • くりたのお料理

京菊菜。

  • 2021.1.17
  • くりたの日常

共に。

  • 2020.12.30
  • お知らせ

営業時間変更のお知らせ

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.