くりたのブログ

ちょろぎ。


「ちょろぎ」です。
写真のものは
京都加茂町産ですが、
元々は中国が原産で、日本にはなんと江戸時代にすでに伝来していたという、
歴史のある
シソ科の植物です。
そして食用として頂く写真の巻貝状のものは、
実は
根っこの部分!(=塊茎、根の一部が変化したもの)なんですね。
12月頃が収穫期で、京都でもその頃市場でよく見かけるようになります。
市販の黒豆煮には赤く染めたちょろぎが数個、彩りとして入っていたいたりしますが、
元はこんな風にちょっと
黄味がかった白色で、
漢字では、
「長老喜」、「千代呂木」、等、と書かれるように、
とにかく、
おめでたい!イメージの食材なので、お正月、おせち料理によく使われます。
店では湯がいて胡麻酢和えにしたものを、
おせちのお重に入れたり、お正月の八寸に使ったり。
また、さっと出汁で煮て、1月中の炊き合わせの添え物に使ったりいたします。

ちょろぎの魅力は何といってもその
食感
あえて言えばゆり根に少し近いのかもしれませんが、
ゆり根よりも
しゃきっとした感じがあり、
口に入れた時のちょっとした歯ごたえ、食感が、ちょろぎ独特のものなんですよね。

決して主役にはなりません、
でもおせちの中で好きな品目ランキングの中でも、
何故だかファンが多い、ちょろぎ。
私も、実は大好きです。
「存在は知ってるけど、一体、何者なん?」っていう
ミステリアスな感じが、なお一層魅力を増してるのかもしれないですね。
(さっき正体明かしてしもたけどね。根っこ、やけどね。(笑))
















Archives

Latest News

  • 2021.9.19
  • くりたのお料理

浜詰小芋。

  • 2021.9.12
  • くりたのお料理

秋味。

  • 2021.9.4
  • くりたのお料理

夜長月。

  • 2021.8.31
  • くりたの日常

八月晦日。

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.