くりたのブログ

じゅんさい。


登場し出しています、
これぞ初夏!の食材、
じゅんさいです。
店で使うのは
広島の手摘みのじゅんさい、
寒天質のぬめり部分に若芽がしっかりと包まれています。
広島のものは芽が小さく、
このぬめりの部分の割合が多いのが特徴で、
そのツルンとしたのどごしは、まさに格別!なのです。


ところで、よくお客様から、

「京都産のじゅんさいですか?」との質問を頂く事があります。
確かに、京都では京都盆地北端にある
深泥池のじゅんさいが有名なのですが、
今現在、深泥池は
天然記念物に指定されており、
池のじゅんさいを採取して食す、ということはなくなっています。
一次絶滅の危機が言われていた時期もあったのですが、
現在は水質改善の努力もあって、数も増え、再生しつつあるとのことです。
かつて、魯山人に「特別な優品である」と言わしめたとされる、
深泥池のじゅんさい、どんなものだったのでしょうね。
いつかまた食用として出回る日は来るのでしょうか?

Archives

Latest News

  • 2021.10.26
  • くりたのお料理

秋茸礼賛。

  • 2021.10.22
  • くりたのお料理

秋、動!

  • 2021.10.12
  • くりたのお料理

ツノハシバミ。

  • 2021.10.3
  • くりたの日常

一新!

京料理 くりた

京都市下京区⻄⽊屋町四条下る
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:30
定休⽇ ⽔曜⽇

  • facebook
  • instagram

Copyright © KURITA. All Rights Reserved.